定温輸送で物を運ぶメリットとデメリットは?

  • 定温輸送で物を運ぶメリットとデメリットは?

    • 定温輸送とは、トラックで荷物を目的地まで輸送する際に、積まれている荷物や商品の品質を依頼者から預かった状態のまま維持して目的地まで届ける為に、その商品に対してもっとも適した温度を維持したまま輸送する事です。

      定温輸送の分かりやすい情報はこちらです。

      定温輸送といっても、種類は色々あります。

      一般的な冷蔵や冷凍、チルドや常温等、依頼者の希望にあわせて輸送、そして配送できるのが最大の魅力です。このように輸送方法は沢山ありますが、そのほとんどが鮮魚やアイスクリーム等を運ぶ際の低温のものが多いです。

      ブルーマップの人気を今すぐチェックしよう。

      また商品によっては外の気温と変わらない常温で輸送する場合もあり、特にお菓子や食品、チョコレート等は常温で運ばれる事が多いです。定温輸送をするメリットは、何と言ってもやはり食品の鮮度を保ったまま運ぶのに適しているという事です。

      預かった商品の鮮度をきちんと守り、新鮮なまま運ぶ事が出来るので、特に夏など気温が高い季節でも常温輸送をする事によって、商品を腐らせるのを防いだり、食中毒の心配もなくす事が出来ます。

      岡山の会社設立の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

      その結果、特に野菜等の生鮮食品の廃棄ロスも少なくする事が出来、利用する会社が多いです。

      そして何より消費者のイメージが良いというのもメリットの一つと言えます。
      商品が新鮮なままスーパーに野菜が届けば、お客さんの信頼感も増し購買意欲も上がります。
      その結果売り上げの増加も期待できるのです。


      また食料品以外にも、特に慎重な取り扱いが必要となる医療品や精密機械を運ぶ際にも定温輸送は力を発揮します。

      名簿の販売の情報サイトはこちらです。

      一方デメリットは、コストがかかってしまうという点です。


      低温輸送で商品を運ぶには、トラックに冷却装置など温度を保つ装置が必要となります。
      そして、その装置を動かしながらトラックは運転をするので、当然ガソリンもその分多く消費するので燃費は悪くなってしまいます。

      岡山の会社設立関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

      さらにその冷却装置をコンテナの中に入れる為、その分荷物を入れる箇所が若干狭くなってしまうという点もあります。

      http://smany.jp/11831

      つまり定温輸送をしようとすると、車体の初期費用やガソリンなどの燃料費が普通の輸送に比べてかかるという事です。

      また定温で輸送するのは、冷凍で輸送するのに比べると商品の品質を保持する日数が短くなってしまいます。

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14134999594

      冷凍で輸送すると1ヵ月以上もつ商品でも、定温での輸送だと、あくまで商品の新鮮さを保つだけなので長期保存するには向きません。
      他にも冷却装置などは完璧でも、それを扱う人間がミスをしてしまう場合があります。

      http://getnews.jp/archives/1534333

      商品によって温度をきちんと管理しなければならない為、毎回荷物が変わる度に温度設定をし直す必要があります。
      これをミスしたり忘れたりしてしまうと、商品の品質が落ちてしまうので注意が必要です。


      このように、たしかに低温輸送はとても便利で、需要もあります。しかし、コスト面で言うとやはり通常輸送に比べて費用がかかってしまうので、利用する人達は自分達が取り扱う商品に合っているか合っていないかをきちんと見極めたうえで利用する事が必要です。

  • 関連リンク

    • 企業は、オフィスを開設する時に、従業員の業務の効率性の向上や来客があった時に対応しやすい環境作りを行う必要性があります。オフィスレイアウトは、オフィスに設置する家具やOA機器の配置などを目的にあったオフィスを目指せるように考慮し、デザインと使い勝手を両立させる事が重要です。...

    • 会社設立を行う場合、従来であれば取締役は3名以上の選出が必要であり、監査役も1名以上を選任しなければなりませんでしたので、一人で会社設立を行う場合には、有限会社として設立登記を行う必要がありました。有限会社であれば、一人でも会社を作る事が出来たわけですから、誰もが会社を作る方法として有限会社に注目が集まっていたのです。...