知っておきたい生活ギフト

Web Template

誕生日の祝いは、結婚記念日と同様に、特に若い人の間では生活の中で当たり前の行事になっています。また子供の場合には、あとあとまで楽しい思い出となって残りますので、ぜひやってあげましょう。
子供の場合、幼稚園児ぐらいだったら、日常生活の中で仲良しの子数人を自宅に招待して、バースデー・ケーキを中心に楽しいゲーム遊びなどをすれば良いでしょう。



この際、招待された方は、必ずギフトを用意することです。



ギフトは高価なものは不必要であり、きれいな色エンピツやノートにリボンをかければ立派なギフトになるでしょう。

夫婦の誕生祝いは、ささやかであっても愛情のこもったプレゼントを交換するのが良くて、小さな花束一つでも、うれしいものです。

恋人の場合には、ハートを射止めるのに絶好のチャンスなのが誕生祝いですから、少々高価でもケチケチしないようにすることです。

特に女性の場合には、高価なので買いたくても買えないでいた品物をプレゼントされた場合、その喜びは大きいものです。

宝石や時計、靴などブランド品が有力な候補ですが、女性の方も、もらいっ放しではいけません。



せめてネクタイぐらいは、お返しするのが礼儀と言えるでしょう。




誕生日の祝いは社交儀礼的なギフトではなく、日常生活の中での贈り物なので、お返しはいりません。



どうしてもお返しをしたいときには、贈ってくれた人の誕生日を覚えておくようにして、そのときに贈り物をすれば良いでしょう。